イエウール 机上査定話題

イエウール 机上査定話題

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウールはマンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却査定について

 

 

 

 

 

 

住宅売却を考えているのでしたら、まず同種の物件相場を知るべきです。

 

買った時の値段で高かろうと見積もっていても、不動産相場というものは常に変わると思って良いでしょう。中国の土地バブルを見ればわかりますが、中古市場はすでに供給過剰ぎみですから、売主が思うほどの価格はつかないものです。現在の相場の動向を知り、売出価格を決めましょう。浮世離れした設定にしないことが大事です。

 

 

 

実際には不動産一括査定サイトなどで相場を知る人が多いようです。住宅ローン減税導入後、夫婦のどちらも働いている家庭では、夫婦共同名義で住宅を購入する例もしばしばありますが、名義を共同にする弊害もあります。共有名義となっている家を売却するにあたっては、共有名義の割合にかかわらず全員の許諾を得なければ取引は成立しません。家を処分する理由が離婚だと、離婚後の資産分割についての話し合いがきちんとなされていないと、家を売ろうにも売ることができないまま、揉め事になる危険性もあります。
全てが終わってから臍を噛まないために、これから家を売ろうというのであれば、心がけておきたいことがあります。

 

 

 

その手始めが、物件の市場価格というものをあらかじめ調査してから、かならず幾つかの不動産会社から見積りをしてもらうことです。

 

何にでも言えることですが相場に対して全くの無知では、査定額が妥当なのか、なぜその価格になるのかの尺度がないわけですから危険です。相場を知っていたからといって業者に敬遠されることはないですし、最初の一歩は相場を知ることと心得てください。住宅売却の一般的な手順というと、不動産会社をいくつか選び、査定、販売価格の設定、業者と媒介契約を締結し、プロモーション開始、購入希望者と交渉して諸条件の折り合いがついたら、ようやく売買契約となり、精算と引渡しをして完了です。期間はどの位かかるのかは、いつ買手がつくかで全く違います。また、住んでいる状態で売り出すなら、転居の都合もあるでしょう。媒介契約の最長は3ヶ月ですので、金額が妥当であれば、一度延長して半年で済むのが普通です。

 

 

土地や家屋が担保に入っている場合、売ることはできるのかと言われると、現状で売買することも、所有者の登記変更もできることはできます。

 

とはいえ、物件を担保にしてお金を借りた方がもしきちんと借金を完済してくれなければ、担保となっている物件は競売にかかり、見ず知らずの人の持ち物になってしまうわけです。
担保に入っている家や土地というのはそういった多大なリスクを負っているわけですから、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。できるだけ高い価格で住宅を売却したいのであれば、最初から価格交渉はあるものと思って間違いありません。

 

 

 

買う側からすると安ければ安いほどありがたいのですし、大きな金額である不動産取引では価格交渉なしというケースは極めて珍しいです。頑なに価格交渉に応じないでいて、買い主が「買いません」なんてことになっては、なかなか買い手が決まらないでしょう。

 

値付けと値引きは切り離せないものですし、良い取引にするためには売手として物件の市場価格を把握しておくのは不可欠です。個人でもインターネットを使えば簡単に不動産価格の目安を確認することは可能ですし、利用しない手はありません。国土交通省の『土地総合情報システム』という地価公示閲覧サイトでは、近年行われた不動産売買の面積や所在地、売買価額といった物件情報が驚くほど細かに閲覧可能です。

 

 

それから、最新の物件情報などは不動産会社の運営する情報サイトでも見ることができますから、年数や立地などで価格を見てみると相場の目安をつけやすいです。家の買い手は自分で見つけてくれば格安で済むという意見もありますが、非常な危険をはらんだ考え方です。取引に伴う契約、登記、法律といった特別な知識を独学で身に付けるのは困難ですし、真似事で挑戦すると計算違いや訴訟などの問題も出てくるでしょう。手数料の負担は痛手かもしれませんが、迅速かつ確実な取引を行うためにもそれぞれの専門業者に任せると良いでしょう。しかしどうしても自力でという希望があれば、業者等に依存せず自力で売るという選択肢もあります。

 

所得税というのは住宅売却時にもかかってくるのでしょうか。

 

どれだけ利益が得たかによります。

 

売買価格が取得費(新築で購入した時の価格)を上回れば所得税がかかってきますし、反対に購入時より安値になってしまったら所得税は不要です。
また、売却価格が購入価格を大きく上回ったとしても、個人の所有で譲渡所得が3000万以内なら、確定申告(分離課税分)をすれば、所得税はゼロで済みますし、超えても超過分に対する納税だけで済みます。
売却時の領収書一式も必要ですから大事にとっておきましょう。不動産の場合、新築は出来上がって3年目頃を皮切りに築10年位までは緩やかにではありますが、価格は下がる一方です。

 

 

 

面白いことに築10年を過ぎると、価格はほぼ横這い状態となります。
また、軽減税率や居宅の買換え特例を適用する条件は、所有期間が10年超となっていますから、住み替えや売却をするつもりなら築10年を経過したあたりが最適なタイミングと考えられます。

 

建物や土地等の不動産に賦課される地方税のことを固定資産税といいます。不動産を所有している間は毎年かかってくる税金です。
この場合、所有者というのは1月1日時点の所有者を指します。

 

仮に1月1日よりも前に買い主との売買契約を交わしていても所有権移転登記を済ませていなければ、旧所有者である売り主が納税義務者となります。

 

 

 

買主側に納税義務が発生するタイミングは所有者を新しい所有者に移転した明くる年ということです。自宅を売却する理由はさまざまですが、近年とくに増えてきているのが都市部で駅に近いマンションに住み替えたいというものです。

 

買物の便利さもさることながら、公共交通も発達していて、医療サービスも充実している点が大きなメリットといえます。

 

 

 

最初は広さやゆとりで郊外を選んだ人でも、何をするにも車を使わなければいけませんし、今は大丈夫でもこの先はどうなのかと考えている人もいるのはもっともだと思います。

 

誰もが負担しなければならない消費税は、家を買うときにも例外ではありませんが、課税対象には土地は含まないため、土地付き一戸建てであれば消費税は建物代に対してだけ課税されます。それから、売却物件の所有者が法人ではなく個人の場合、建物にも消費税はかからないです。ただし、たとえ個人所有であっても売主が住む以外に所有していた不動産や、収益物件(アパート等。住人の有無を問わず)は、非課税扱いとはなりませんから、あらかじめ計算にいれておかなければなりません。

 

何の運命のいたずらか、住宅を売りに出したら買い手がすぐについて、引渡し日が早まることがあります。

 

 

 

最後の思い出をドタバタにしないためにも、売りに出したら買い手がつかなくても荷物の整理をはじめておくと良いでしょう。買い手がつくまで住むのであれば、出しておく家財道具は最小限にして、不要品や季節品を分け、箱詰めしたり、資源回収に出したりすると、引越しも楽ですし、断捨離もできて一石二鳥です。

 

知っておいて損はないことですが、人が使用していた家というものを売る際に大事なのは、突然これから内覧したいという人が現れても慌てないために、日頃から準備を怠らないことです。
家の内部を見たいと申し出てくる人は、興味があってやってくるわけです。でも、じっくり見たときのマイナス評価が多ければ、到底買う気が起きないでしょう。

 

というわけでお部屋の掃除は今までにも増して丁寧に、そしてマメに行っておいた方が良いです。
なるべく高い値段で住宅を売却したければ、価格や業者の様子がわかるよう、複数の業者に査定してもらうことをお勧めしています。
複数の不動産業者に一括で見積り依頼できる中古不動産売却の一括見積りサイトがネット上には複数あるので、活用してみてはいかがでしょう。サイトのサービスは無料ですし、複数の会社に一括で査定依頼しても、その不動産会社の中から絶対どこかと契約しなければいけないという決まりもないので安心です。

 

おのおの事情があるからこそ現在住んでいる家を売却するのですが、勇気がなければできることではありません。ただ、その判断を良い結果に結びつけるかどうかは、決断してからの自分の心次第です。購入者に家を引き渡す前には物を整理し、残すものと始末するものとを分けていきます。身の回りの物を整理整頓すると、気持ちが清々してきます。

 

 

家を売却することで得られるメリットは断捨離による快適空間の創造にあるかもしれません。居住している家を売る際も、転居して空き家にして売る際も、売主は清潔さの維持に努めなくてはなりません。

 

満足に掃除もできていない状態や、季節用品や不用品が放置してあるような状況では家の値段も落ちますし、購入者も興味を持てないかもしれません。
自治体の回収に出すとかリサイクル店をうまく使い、気づいたところから不要品の片付けを進めましょう。範囲が広かったり物量的につらいときは、費用はかかりますが整理や片付けを専門とする会社に頼むという手もあります。
満足できる取引ができるよう、住宅を売却する際はインターネット上にある不動産一括査定サイトを活用し、不動産の相場を知りましょう。

 

「一括査定」で検索すると同様のサイトが複数出てきますが、いずれも最初に情報を登録すれば一度に多数の不動産業者に見積り依頼することができます。同じ入力を何度も繰り返さなくて済み、手間も時間も省略できるのはありがたいです。
上手にそういった一括見積りサイトを利用して、大切な資産を安心して任せられる業者を探すと良いでしょう。居宅の売却が決まったら、引渡し日までに売主がすべき清掃というのは、相談のうえ作成した契約書にそうと明記されていない限り、強制ではありません。

 

多くは家庭における清掃レベルで構わないのですが、クリーニングしておいてほしいと購入者から依頼されることもあります。

 

 

 

そういった場合は不動産業者の担当者とよく相談し、プロの清掃業者に入ってもらうかどうか対処を考えましょう。かなり築年数が経過した家だと、売るなら更地にしたほうが良いのではと悩む人も少なくありません。

 

 

 

しかし、一概にそうとも言い切れません。男女を問わずDIYやオーダーリノベは人気で、みずからの手で修繕や改造を行いながら住むというのは雑誌で特集が組まれるくらいですし、買取した中古をリノベして売るのを得意とする不動産業者も少なくなく、中古だからダメというわけではありません。家を売却すると決めても早く売れれば良いのですが、長期戦になることもないではありません。

 

ある程度のめどとして、3ヶ月の間に買い手が見つからないなら、販売価格の見直しを行うか、売買を仲介する不動産会社を乗り換えるといった手段も考えられます。
媒介契約は3種類ありますが、いずれも法律で期間は3ヶ月と規定されており、契約満了後は別の会社にすることも可能です。もう完成した新築物件や中古物件、もしくはマンションなどこれから売る予定の住宅のありのままを見ることが可能なオープンハウスは集客力が高いです。

 

 

 

机上ではわからない立地条件も購入者目線で確認できますし、住宅を売却する際はオープンハウスにして内覧希望者に見てもらうと良いかもしれません。

 

まだ居住している家だと、外泊ないし外出して家をあける必要がありますが、「住んでいる家を見られるなんて」と売る側が思うのに対し、購入希望者としては自分たちが住んだ時のイメージが湧きやすいという利点があります。

 

 

納得のいく取引のためにも、家の売買を安心して任せられる不動産業者を見つけましょう。

 

専門家といっても得意不得意はありますから、言われるがままの値段で売ると意外にも大損をしていることがあります。パソコンを使えば、ネットに一度の入力で何社でも一括で見積りを依頼できるサイトが幾つかありますので、多くの会社に見積りを出してもらい、営業力があって信頼できるところと媒介契約を結びましょう。土地や家屋は価格が高いですし、売却する場合でもいくらで売るかが重要な課題です。

 

 

市価より割高では買い手がつきませんし、最初から安くしすぎると足元を見られるおそれもあるため、売り手は相場を踏まえつつ、値頃感を模索する必要があるでしょう。

 

それに値引き交渉の額や仲介業者への手数料、家財等の処分費などを念頭において売価を決めなければ、最終的に残る利益は減ってしまうので注意が必要です。
通常の不動産取引では、登記、金銭授受、物件引渡しなど一切を終えるのに、最速でも4ヶ月、大抵半年ほどはかかります。

 

それより早いうちに現金が欲しいなら、買手の出現を待つのではなく、不動産会社に買い取ってもらうという選択肢もあります。会社にもよりますが市価より安い値段になりますし、時間があれば中古で売却した方が高いので、よく考えて判断しなければいけません。

 

 

 

しかし早く確実に現金に変えられるという点では最も良い手段ではないでしょうか。インターネットが使えるなら不動産売却の一括見積りサイトを使うと、比較的簡単に、住宅が現在いくら位で売れるかの見積りを多数の不動産業者から出してもらえます。こうした不動産査定サイトは提携する仲介業者各社から会員費の提供を受けることで運営が成立しているので、売りたい人は無料で利用できるのです。

 

年中無休ですし、自宅で時間を見つけて最低限の時間と労力で多くの会社の査定を比較分析できますから、結果として納得のいく取引ができるのです。
債権者による抵当権がついていない土地家屋なら取引上は何の支障もないのですが、ローンの残債を残したままでは問題があります。一般に、抵当権がついたままの土地や家屋は売ろうと思っても売ることができません。

 

しかし任意売却という手段を使えば、特別に売却が許可されます。

 

専門の仲介業者が金融機関と債務者の間に入り、一般の不動産と同じように売買できるようにします。
債務の支払いが困難な際、競売を避けるためにとれる手段として有効です。

 

 

住宅を売却する際は、売るための費用というのは思ったよりかかります。

 

 

 

不動産業者に売却を依頼すると、仲介のための手数料が必要です。
2800万円で取引された物件の場合、100万近い額を売主から業者に支払わなくてはいけません。それから司法書士への報酬、印紙代は必須ですし、測量費が必要な場合もあります。ですから何がいくらかかるか確認した上で、家の売値を設定しないと、手元に残るお金が減ってしまいます。

 

家を処分する際、個人対個人で売買を行うのは困難ですから、普通は不動産業者に仲介を頼むものです。
安く売却して損をしないためには、ここでひとつの不動産業者に絞らず、幾つもの会社に見積依頼を出して、各社の査定額と対応を窺ってみることです。一度に多数の不動産会社に一括査定依頼ができてしまうサービスを使えば手間も省け、査定額の大小だけでなく営業力の有無もわかり、最も協力的な業者を味方につけることができるのです。正式に家の売買契約を交わすとなると、用意する書類もかなり多くなります。

 

 

 

不動産の登記済権利書、あるいは登記識別情報のほか、固定資産の納税額がわかる最新の固定資産税納税通知書などは土地を売る際も建物を売る際にも必要です。

 

それに、物件の内容や所有者の状況によって、あれもこれもと用意すべき書類は増えていきます。不動産会社の方からあらかじめ提出書類については説明があるはずですから、早いうちに整えておくと、手続きはスピーディーに終わります。通常の住宅を売却する際の見積りですが、査定費用などはかからず、原則的に無料で行われるものです。
事情が変化したり金額面で納得いかない場合にはこちらからキャンセルしてもよいのです。

 

家や土地などの不動産売買でもっとも大事で不安なのは売値でしょうから、いくつもの不動産業者に対して見積り依頼を一括で行うと相場がわかり、安売りせずに済みます。何社に依頼しても査定は無料です。
譲渡所得というのは、資産を譲渡(売却)したことで得た所得のことです。マイホームの売却で得た収入も譲渡所得に含まれます。所得ですから当然、所得税と住民税の対象ですが、他の所得とは別にして譲渡所得のみで計算します。譲渡所得の税額は高めですが、5年を超えて所有した不動産については短期で売却したのに比べかなり低い税率が適用されます。これから家を売りたいとお考えでしたら、こうした税の軽減制度があることを理解して売却時期を決めると節税になるでしょう。自分で買手を見つけてくれば不動産業者を介さずに家を売るのも不可能とは言いませんが、専門的な裏付けもなく売買すると権利や金銭面で揉めたりする可能性もあります。不動産取引では将来のトラブルを避けるべく綿密な契約書を作成して双方が確認するのが本来ですから、もし、契約書に明記すべきことをうっかり書きもらしてしまったりすると、思いも寄らなかった金銭トラブルが生じるおそれもあります。
きちんとした知識のあるプロに依頼したほうが安心ですし、ストレスも軽減できます。
注文住宅を建てたり新築を購入する際は、天然木の無垢板や自然素材を多用した住宅のメリットを正確に見極めることが大事です。シックハウス症候群の原因となる有機溶剤などの影響がなく、長く使うことを想定しているので、和にも洋にも合うデザインなので、どのような年代からも支持されている強みがあります。

 

売却を考えている住宅で、それらの美しい建材が状態良く保たれていたら、立地や年数が同等の物件と比較してもかなり良い値段がつくでしょう。本当に価値のある素材を使った家は簡単に価格が落ちるものではないのです。
掃除や書類を用意するなど細かな作業は苦にならなくても、売主と仲介業者の媒介契約により、支払わなければいけない手数料は住宅売却に際して最も高いハードルかもしれません。仲介手数料そのものはいくらまでと法律で決められていますが、取引された額によっては100万円近い額を支払わなくてはいけません。

 

それに、売却で利益が出れば、分離課税(譲渡所得)で税金がかかるケースがあります。転居はもちろん、場合によっては不要品の処分費などもかかりますから、あらかじめ出費の額を算出しておかないと、手元に残るお金が減ってしまいます。

 

売り慣れているならいざ知らず、家を売るにもどうしたら良いかわからないという人もいて当然です。
ここで不動産売買の簡単に流れだけ追ってみましょう。とりあえずウェブの住宅売却の一括査定サービスを使って、物件の見積り依頼を複数の不動産会社に依頼しましょう。

 

納得のいく額と対応をしてくれた業者を選定し、売るために必要な一連の業務を委託する契約を結びます。やがて購入希望者が現れ、価格交渉などの後、めでたく売却成立となります。どんなに良い家でも築25年なり30年が経過すると、途端に買い手がつきにくくなります。
水まわりや壁紙などのリフォームを施して、売れる要素を多く持った家づくりを目指すと良いでしょう。

 

もし立地条件が良ければ、いっそ更地にして土地として売り出すと買い手がつきやすいでしょう。

 

 

撤去費用がなければ、解体せずに割り引いた価格で土地付戸建として売ることで、購入者は新築なり改築なり好きなようにできるので助かるというのもあります。

 

 

 

住んでいた家を売る場合、売主側が基本的なコツを抑えておくと査定額が上がることがあります。なかでも効果がてきめんなのは修繕でしょう。

 

そんなに古くなくても人が使った分だけ家というのは確実に老朽化が進みます。

 

経年以上に古い印象を与えないよう修繕は必須でしょう。

 

 

次に大事なのはお掃除です。いつもはしないところでも狙い撃ちで掃除しましょう。たまっていた不用品を処分すると室内も広々します。

 

 

 

出来ることはしておく。ただそれだけのことですが、その集積が住宅を上手に売却するポイントです。土地家屋等を売却する手続きですが、引渡しと代金受け取りまでには8つの段階があります。

 

まずは相場をベースに家の販売価格の見当をつけます。仲介する会社を探すのはそれからです。

 

 

家の資産評価は複数社に査定してもらいましょう。媒介契約の段階で、売値を正式に設定します。そこで家は正式に市場に売りに出されることになります。購入したい人がいれば、引渡し条件や金額等の話し合いになります。
折り合いがついたところで売買契約となり、契約書に記載されている通りに金銭と物件をやりとりすれば終了です。住宅の売却に要する経費というと、不動産業者への仲介手数料、土地家屋に付帯していた抵当権を抹消する費用、金額に応じた印紙税がかかります。
けして安くないのが不動産売買というものですし、業者へ払う仲介手数料もまとまった金額になります。不動産会社を介さず自分で家を売却することで、手数料分がまるまる浮くわけですが、高額な取引ですから危うき橋は渡らずで、専門業者に任せる方が安心です。
最近ではサラリーマンでもおなじみの確定申告は、年間所得と控除から納めるべき税金を申告するものです。

 

 

予定納税をしている人や会社員で源泉徴収されている人については、所得税の過不足をここで確定します。
資産を譲渡して得た収入は所得とみなされますから、土地や家の売却利益なども報告義務があります。

 

比較的税率の低い長期譲渡所得の場合でも、所得税に住民税を加えた税率は20%にもなるため、注意しなければいけません。
家の売買には権利書が必要ですが、もし失くしたら売却にはどのような支障があるのでしょうか。

 

 

実際のところ、権利書がないと幾ら居住実績のある家でも売却することはできず、権利証(登記済証)の再発行も絶対に不可能です。ただ、方法はないわけではありません。

 

 

 

物件の登記簿上の所有者が司法書士と面談し、『本人確認情報』という書類を作成してもらうのです。

 

共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。

 

時間がかかるのもさることながら、費用も数万からかかりますので、権利書はしっかり保管しておくに限ります。ちなみに汚れや紙の皺などは不問です。購入者が決まり家を売買するとなれば登記を変更するのですが、家の所在地と売主の現在の住所地が違っている場合は、登記名義人(売主)の住所変更登記が必要ですから、現在の住所地で取得した住民票と印鑑証明が必要ですから、とっておきましょう。

 

契約日が迫ると忙しくなるので早めに用意しておいた方がいいですが、どちらも使える期限というものがありますから、必要なときに失効していたらたいへんです。

 

3ヶ月の有効期限が過ぎていたら急いで書類を再取得してください。
自分で何でもやるのなら別ですが、土地家屋等を売却するときは不動産仲介会社に家の価値を見積もってもらい、それを参考に売り出す価格を決定して仲介契約をします。

 

価格を決めるのにそれほど悩まなければ、ここまで数日程度しかかかりません。

 

気になるのは買い手が決まるまでの期間でしょうが、価格や立地、建物の新旧だけでなく、需要とのマッチングにもよります。

 

しかし宅建取引業法の規定により、売却を仲介する業者との媒介契約は媒介契約書の契約日を起点に3ヶ月で一旦終了するため、そのあいだに購入希望者を見つけられるかが売却のカギとなります。
太陽光発電システムを導入している家を売却する場合、ソーラーパネルの扱いが問題になります。売買契約書の設備欄や備考に特に記載がなければ、持っていくことが可能です。

 

 

 

とはいえ取り外しと設置のために業者に払う金額に驚いて、結局は諦めるというパターンが多いです。

 

 

 

いざ手放すにも手続きが厄介なのがソーラーパネルですが、引っ越した先に設置に適したスペースがないケースもあるわけですから、残念ながら持っていくことは事実上不可能です。
隣地との境を明らかにするために、測量を行い、土地境界確定図を作成するのは、住宅を売却する際にはあると思います。
売却の必須要件とは言えないまでも、境界標がない土地や、宅地の価格が高額な地域では、たった10センチの差が20万位の差にもつながりかねないですし、やはり実施される方が多いです。広さや手間などで費用は変わりまが30坪程度の宅地なら40万円ほどです。見積りをとるといいでしょう。

 

 

 

売る側にとっては少なからぬ出費ですが、リスクが避けられるので買手はつきやすいです。住宅ローンの残債がある状態で家を売る際は、普通はローンを完済した上で売却するわけです。仮に残債務を完済できずに住宅を売る必要がある場合は、任意売買(任意売却とも)なら可能です。

 

 

家の売却で得たお金で優先的に残債を払うものとして、借入した金融機関から完済前の売買を許可してもらうのです。住宅の売却益を返済に充当しても完済しきれない場合は、残額は借金として残り、残債より高く売れれば利益を手にすることができます。

 

 

住宅を売却する場合、まず不動産業者に該当物件の状況を見て査定してもらうのが常ですが、その評価を左右するのが建物の建築年数でしょう。不動産の所在地、形状、日照などの諸条件も要素の一つですが、建物価格は新築からすぐ2割ほど下がり、10年を超えればガクッと落ちていくものです。建物の材質や耐久性にもよりますが、一戸建てなら、建物が古くなればなるほど資産価値はゼロに近づき、土地代のみといった売値になってしまうことも実際にあるのです。

 

 

当たり前だと言われるかもしれませんが、登記簿上の所有者の許諾なしには、住宅の売却は不可能です。

 

所有者として複数の名前が記載されている際は、物件の共有者全員が許可することにより、売却可能になります。所有者が故人のときは、書類が整わないため、現状売却不可ということになります。
亡くなられた方の相続人に名義変更したうえで、新しい所有者の同意を得てはじめて売却可能になるのです。